なかがわさんのワーホリ日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なかがわさんのワーホリ日記

就活から逃れるように渡豪、1年間のワーホリ生活から何か得られるものはあるのか?21歳、超ゆとりが行く!オーストラリアワーホリ体験記

私がワーキングホリデーにオーストラリアを選んだ理由

(今回は少し個人的なお話です。)


前回のブログでは英語圏で行けるワーキングホリデー協定国5カ国について違いをまとめました。

nakasaku.hatenablog.com



今回は、なぜ私がこの5カ国の中からオーストラリアを選んだのかについて書きたいと思います。


情報が多い

オーストラリアはワーホリの中でもかなり人気の国で、日本で初めてワーホリの協定国になったのもオーストラリア!(1980年開始)

ネット上でも情報が1番多いです。

さらに、周りにもオーストラリアワーホリ経験者が多かったので実際に話を聞けたのは大きなきっかけになりました。


時差が少ない


初めての海外生活、やっぱり時差は少ないに越したことはないです!

ちなみにオーストラリアと日本の時差は場所によりますが1時間ほどです。

時差ボケの心配はなさそう…。



住みやすい(らしい)

住みやすい都市ランキング世界版を見ると
なんとオーストラリアはベスト10のうち4都市ランクインしています。

単純ですが、ランキング1位のメルボルンに住んでみたかった…。



正直…


今考えるとオーストラリアに決めた理由はほんとに単純なものです。

最初は消去法だったかもしれません。


イギリスとアイルランドは少し遠いし、

カナダは寒い。

ニュージーランドは自然災害が怖い。


じゃあ、オーストラリアか!

という感じで、オーストラリアについて調べ始めると先に述べたようなプラスの面が多く見えてきて、ここしかない!と思うようになりました。




わたしの選択は正解だったのか!?

生活に慣れてきた頃に答え合わせをしてみたいと思います。





次回は1年間の滞在中にオーストラリアでやってみたいことについてまとめます。